犬のフィラリア症は動物病院で処方してもらったお薬を指示通りに与えることで「予防できる」病気です。

毎年、春先になるとかかりつけの動物病院からおハガキが届いたり、待合室にポスターが貼られたりして、オーナーの皆様には「フィラリア」という言葉は、とてもおなじみですよね。

フィラリア症は、薬を飲めば予防ができる。という事を知っている方は多いと思います。
実際、多くのペットオーナーさんにその必要性が浸透したおかげで、フィラリア症で命を落とすワンちゃんは近年、少なくなってきています。

でも、フィラリア症という病気そのものについて、また、その予防方法について正しくご存知ですか?

ちょっとした勘違いで、大切なワンちゃんの命を危険にさらさないため、正しい知識を持って、ワンちゃんをフィラリア症から守ってあげましょう。

犬のフィラリア症は、正しく投薬すれば、確実に予防できる病気です。

Check01:薬は絶対にキッチリ30日おきに飲まさないといけない…?
×

Check02:去年の薬をつかうのがダメなのは、使用期限が切れるから…?
×

Check03:蚊取り線香を焚いていれば、薬は飲ませなくてOK…?
×

Check04:薬を飲ませるのは、気温が涼しくなるまででいい…?
×

フィラリア症という病気そのものについて。また、その予防方法について正しくご存知ですか?
ちょっとした勘違いで、大切なワンちゃんの命を危険にさらさないため、正しい知識を持って、フィラリア症から守ってあげましょう。

Lesson 1:フィラリア症という病気の仕組み
「フィラリアに感染する」といいますが、一体、何に感染するのか?
そして、犬の体内でどのように成長するのか。ご存知ですか?
詳しくはこちら
Lesson 2:フィラリア症の予防について
フィラリア症の予防にとって、薬の『飲ませ忘れ』と『飲み残し』は、絶対避けなくてはいけません。その理由をご存知ですか?
詳しくはこちら
Lesson 3:フィラリア症になったら、その後、どうなってしまうのか
不幸にもフィラリア症を発症した場合、犬の体内ではどのような事が起こっているのでしょうか?
また、治療はできるのか。ご存知ですか?
詳しくはこちら
Lesson 4:犬のフィラリアについてよくある質問
フィラリア症について、よくある質問や誤解について、解説しました。
詳しくはこちら
Lesson 5:全国犬のフィラリア感染期間の目安
フィラリア予防薬の投薬期間は統計学的に類推することが出来ます。
具体的な投薬期間は、かかりつけの獣医師の指示に従ってください。
詳しくはこちら

犬のフィラリア メニュー ▼

DSファーマアニマルヘルス
疾病解説シリーズ

心臓、目、耳、歯、関節、消化器
などの病気の知識はこちら